最新記事一覧

観客席

客席の種類について

体育館に導入される観客席には多くの種類があり、使用用途に合わせて選ぶことが出来ます。常設型のシートは座面のみのシンプルな物から、背もたれ付きや跳ね上げ式のものなどがあり、アリーナ席用にはパイプ椅子の他、移動型の観客席などもあります。

お祭り

祭りを盛り上げるやぐら

商店街などで開催される祭りや盆踊り大会を盛り上げるには、祭りやぐらと呼ばれる仮設の塔状構造物が欠かせません。かつての祭りやぐらは木を組み立てて作っていましたが、最近では強度の高いアルミ製が人気です。折りたたみ式の祭りやぐらは設営に特別な工具を必要とせず、使用後コンパクトに収納可能で強度にも優れます。

土のう袋

土がなくても使える土嚢

吸水土嚢は、水を吸うことで膨張し、堅牢な土嚢として使用することができる製品です。浴槽などに沈めるだけで土を詰めなくても使えるため、都市部などを中心に住宅やオフィス等に備えておけば主に水害対策グッズとして重宝します。

やぐら

設置前の準備について

盆踊りの雰囲気づくりには、やぐらが欠かせないアイテムとなっています。このやぐらを設置する前に、準備として地面を平らにならしておきましょう。また地盤が弱い場合には板をかませるなどの工夫も必要です。また作業人員は多めに用意し、ヘルメットなど安全に配慮して作業にあたりましょう。

観客席

様々な催事に利用

体育館といった施設は、各自治体ではスポーツだけではなく、色々な催事に使われることが多いです。当然スポーツが実施される時と、発表会や講演会の時とでは観客席の位置を変える必要が生じます。どんな催事にも対応できる観客席を、念頭に入れて工事することでこれからの施設の価値も変わってくるのです。

夏といえば

やぐら

どうやって選べばいいか

夏といえば盆踊りを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。夏の風物詩である盆踊りですが、最近では様々な理由から盆踊りのやぐらをレンタルする自治体が増えています。やぐらをレンタルする場合は、どのようにして選べばよいのでしょうか。まず、大きさです。祭りの規模によってふさわしい大きさのやぐらを選択する必要があります。シンプルな1段櫓にするか、見た目が豪華な二段櫓にするのかで祭りの印象も変わってきます。また、やぐらの上で太鼓を叩いたり踊りを踊る等の場合、その分のスペースも考慮する必要があります。どのようなシチュエーションで利用するのかを考えながらレンタルする必要があります。次に重要なのが、盆踊りに必要な備品や機材、機器等をレンタルするかという点です。レンタル業者さんによっては、やぐらの骨組に付属してマイクやスピーカー、提灯や紅白幕等をセットでレンタルしている場合があります。その場合、業者さんに盆踊りに必要な機材等を一式お任せすることができてとても便利です。また、やぐらだけレンタルしたい場合や必要な機材だけレンタルしたい場合も、業者さんによっては対応してくれます。やぐらの骨組は倉庫にしまっておくだけでも場所をとってしまい、毎年収納先に困っている自治体が多いです。また、毎年のメンテナンスも必要になっています。しかし、レンタルの場合は収納やメンテナンスのの心配もなく、予約して機材を借り、後は予定通り返却するだけなので便利です。今年の盆踊りはレンタル業者さんを利用してみると楽ちんです。

Copyright© 2018 夏の名物!盆踊りにはやぐらが必須【必要な機材等を一式お任せする】 All Rights Reserved.