最新記事一覧

様々な催事に利用

観客席

念頭に入れて工事する

各自治体では住民に利用してもらおうと、市民センターや町民センターを建設して地域の活動を深めようとする動きがあります。こういった施設はその性質から、体育館や競技場といった住民がレクリエーションに使いやすいようにするのです。特に体育館は大人から子供まで誰もが使って楽しめるように、天候の状態が関係なく使えることを想定して建設されます。しかし体育館の場合最優先事項であるのは、コート以外で提示するとなると観客席の良し悪しが体育館の観客席になるのです。どんな設備であっても経年劣化には耐えきれずに、新しい物品と交換を余儀なくされることもあります。これは観客席の主要設備であるシートにも言えることで、交換するには莫大な予算が必要となるのです。それでも全部のシートを完全に交換するよりは、駄目になったあるいは不良品である観客席をすこしづつ変えていくのは予算を維持する上で優れた案になります。もちろん個人の資産からでは体育館の観客席を、完璧に整えるのは難しいです。それでも自治体で運営と管理をしている体育館であるならば、様々な取り組みが可能になるので観客席は多めに設置した方がよいでしょう。しかし体育館の観客席を整えることで重視すべきなのは、スポーツを執行したいのか発表会や講演をしたいのかを明確にすることです。どちらも市民活動には必要不可欠ですが、二つの違いは観客席の設置位置の違いが大きいでしょう。中心に対象物がくるスポーツと、前に演者がくる発表会では明らかに観客席の位置が違ってくるからです。各自治体は体育館の観客席の位置を、可変性が高い事を念頭に置き施設の概要を考えることで利用価値が高められるでしょう。

Copyright© 2018 夏の名物!盆踊りにはやぐらが必須【必要な機材等を一式お任せする】 All Rights Reserved.